研究会主催セミナー・シンポジウムのお知らせ

関連機関主催シンポジウムのお知らせはこちら
3月4日:神奈川県 第23回市民環境活動報告会

特別セミナー「環境管理対策と制度の今後」

 最近の産業界と行政の努力によって、日本の大気環境や水環境は改善され、土壌汚染、廃棄物・資源循環、化学物質管理等への対策も一定の進歩がみられました。 しかし、いずれにも、残された問題があり、さらに改善することが期待されています。 そこで、本セミナーでは、環境省や経済産業省の審議会等で活躍されておられる方々に 環境管理対策と制度の現状を解説していただくとともに、今後の在り方を示していただくことに致しました。
PDF版

主  催 エコケミストリー研究会
共  催
(50音順、予定)
(一社)エネルギー・資源学会、(公社)化学工学会、環境アセスメント学会、(公社)環境科学会、環境経済・政策学会、環境社会学会、環境法政策学会、(公社)大気環境学会、(公社)日本化学会、(一社)日本化学工業協会、(一社)日本環境測定分析協会、(一社)日本自動車工業会、(一社)日本自動車部品工業会、(一社)日本電機工業会、(公社)日本水環境学会、(一社)廃棄物資源循環学会
後  援 (一社)土壌環境センター
協  力 (有)環境資源システム総合研究所
日  時 2017年6月15日(木)9:55〜16:50 (受付9:30〜)
場  所 化学会館 7Fホール(東京都千代田区神田駿河台1-5)
 ・JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅 御茶ノ水橋口から徒歩3分
 ・東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅 2番出口から徒歩4分
 ・東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 B1出口から徒歩5分
定  員 先着80名(定員になり次第締切)
参 加 費 主催団体の賛助会員:6,000円、主催・共催・後援団体の一般会員:12,000円、非会員:16,000円
(テキストの代金を含む、税込み、原則事前振込)
申込方法 氏名、所属、連絡先住所、電話・FAX番号、E-mail、主催・共催団体の所属を記載の上、 E-mailまたはFAXにて下記宛先までお申し込み下さい。申込確認後、受付票を送付致します。
申込用紙 ※2ページ目が申込用紙になっています
申 込 先 エコケミストリー研究会事務局
E-mail: info◇ecochemi.jp (お手数ですが、「◇」を半角の「@」に変更してお送り下さい)
FAX: 045-304-1624

<講演プログラム>

 9:55-10:00 開会挨拶
エコケミストリー研究会代表 浦野紘平 氏
10:00-11:00 気候変動対策と制度の今後
東京大学名誉教授・(一財)持続性推進機構理事長 安井 至 氏
11:00-12:00 水環境管理対策と制度の今後
東京農工大学大学院教授 細見正明 氏
 * * * 昼休み(12:00-12:50) * * *
12:50-13:50 土壌汚染対策と制度の今後
産業技術総合研究所 地圏環境リスク研究グループ長 張  銘 氏
13:50-14:50 廃棄物・資源循環対策と制度の今後
早稲田大学法学部教授 大塚 直 氏
14:50-15:50 大気環境管理対策と制度の今後
(一財)日本環境衛生センター アジア大気汚染研究センター所長 坂本和彦 氏
15:50-16:50 化学物質対策と制度の今後
国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター長 鈴木規之 氏



JASISコンファレンス/第17回効率的環境汚染測定・評価技術フォーラムセミナー
「中小企業現場でできるやさしい有害物質測定とリスク管理」 【終了しました】

 企業現場で取り扱っている種々の化学物質が不適切に扱われた場合には、従業員に健康被害が生じたり、周辺環境に影響を与え、企業価値を毀損する可能性もある。それらの作業環境中濃度やそのリスク、環境への排出等について、把握し、適切に対応していくことが求められる。本セミナーでは、人的な問題などから、現状では十分に対応できていない現場を想定して、そのポイントと対応事例を簡便なツールと共に紹介する。

主  催 エコケミストリー研究会 効率的環境汚染測定・評価技術フォーラム
日  時 2016年9月7日(水)11:00〜16:30 (受付10:30〜)
場  所 幕張メッセ国際会議場 201B会議室 アクセスマップ
 JASIS2016JASISコンファレンス
参加費 無料
事前登録 不要
問合せ先 効率的環境汚染測定・評価技術フォーラム幹事
担当:浦野真弥 [ (有)環境資源システム総合研究所 ]
Tel/Fax: 045-302-6565 E-mail: bunseki16@iers.co.jp

※お問い合わせ先はエコケミストリー研究会事務局ではありませんのでご注意ください。

<講演プログラム>

11:00-11:45 空気中有害物質測定や個人ばく露測定によるアセスメント
(株)ガステック 海福雄一郎 氏、中川脩 氏
11:45-12:30 水中有害物質等の測定とリスク管理
(株)共立理化学研究所 石井誠治 氏、上田実 氏
 * * * 休憩(12:30-14:30) * * *
14:30-15:00 現場でできる簡易なCOD測定方法のご紹介
セントラル科学(株)  蘇 涛 氏
15:00-15:30 化学物質規制に対応した当社の取組と
          滴定計GT-200を用いたアプリケーションのご紹介
(株)三菱化学アナリテック 香川修司 氏
15:30-16:00 低濃度PCB廃棄物の現状と効率的処理
(有)環境資源システム総合研究所 浦野真弥 氏
16:00-16:30 効率的なPCB使用・汚染機器の判定と処理
(株)オオスミ 佐伯佳美 氏


過去の開催実績

過去の開催実績一覧は活動状況をご覧下さい。
講演要旨集バックナンバーを販売しています。詳しくはこちらを参照。